医者

生活習慣が原因となる病気

看護師

日常に潜む病気

寒い季節や朝起きてすぐに起き上がるなどの何気ない毎日のなかにも、病気は潜んでいるものです。とくに心臓は人間の生命維持に欠かせない血液を体中に送り出す大切な臓器です。普段から身体の状態に気を配ることが大切です。心臓の病気としてよく知られているのが心筋梗塞です。心筋梗塞とは、動脈硬化が原因となる病気です。冠動脈と呼ばれる血管の動脈硬化が進行して血栓ができ、血管内部を塞いでしまうことで支障をきたしてしまいます。結果心筋への血流が悪くなり心筋細胞が壊死してしまうことがあります。心筋梗塞の原因とされる動脈硬化は、不規則な生活習慣が蓄積されて発生します。一般的には、女性よりも男性のほうが発症率が高いと考えられています。

前兆と予防

心筋梗塞が起こる前には、前兆が見られる場合があります。胸の痛み・吐き気・不整脈・息切れや呼吸困難などの症状が、体から心筋梗塞のサインとして現れることがあります。軽度の心筋梗塞であれば10日ほどの安静入院で血圧を下げる薬などを用いて治療がおこなわれます。しかし症状が重篤化している場合は、命の危険がある病気です。普段の生活の中で、心筋梗塞の原因となる動脈硬化の予防を心がけることが大切です。食事の内容が動物性脂肪の多い人や喫煙習慣のある人は、動脈硬化になりやすいことがわかっています。また、ストレスが体に与える影響も大きく、仕事などでストレスが溜まりやすい環境である場合注意が必要です。心筋梗塞は再発率も高いため繰り返さないように生活習慣を見直すことが求められます。

症状の内容

病棟

食道や喉の付近に出来るがんのことを咽頭がんといいます。出来る場所によって治療の仕方が変わるのが特徴です。いまは様々な治療方法があるので、まずは医療機関にしっかりと行くことが大事になってきます。

詳しくはこちら

ガンに負けない為の成功法

男性

人は誰でもガンになったと知った時には、死の恐怖に怯え、将来の希望などすべてを失ってしまうことが多いのが現実です。しかし、免疫細胞治療を用いれば、不可能と言われたがん治療も、希望を持って臨むことが出来る有望な方法であることは間違いないと言えるでしょう。

詳しくはこちら

受診の方法

女性

都筑区にはいろいろな内科があるので、いろいろと調べて通いやすい場所を選ぶといいでしょう。また複数の診療科があるほうが、一度の受診で診てもらえることができます。なので、うまく活用してみるといいでしょう。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 心筋梗塞のサインを見逃さない│予防や早期治療が未来を決めるAll Rights Reserved.